PUNPEEの全貌! 年齢、身長、結婚などの疑問にお答えします!

みなさんは、PUNPEEと聞いて何を思い浮かべますか?

HIPHOPに詳しい人なら、当代随一の奇才ラッパーを思い浮かべるでしょうし、興味ない人からしたら結婚相手の名前を出されてようやく、ああと気づくレベルかもしれません。

しかしながら、彼がデビューして以来、リリースしてきた作品はまぎれもなく、後の歴史まで語り継がられるようなクオリティの高いモノばかりです。間違いなく、21世紀、2000年代を代表するラッパーであるのがこの記事で解説していくPUNPEEです。

そんな彼ですが、検索のサジェストでも「年齢、身長、結婚」というキーワードが出てくるくらい、人となりに疑問を持っている方が多いです。

そこでこの記事では、そんなPUNPEEについて、詳しい生い立ちからみなさんが知りたがっている奥さんとの馴れ初めに、今すぐ聴きたくなる代表曲まで解説していきます。

 

PUNPEEのプロフィール (年齢、身長、その他情報)

block.fmより出典

本名 高田智央
アーティスト名 PUNPEE
生年月日 1986年3月26日(年齢34歳)
身長 166cm
生誕地 東京都文京区巣鴨
出身地 東京都板橋区

生い立ちからPSGとしての成功まで

tower.jpより出典

PUNPEEこと高田智央は1986年に東京都文京区の巣鴨・一心病院で生まれました。後に板橋区をレペゼン、フッドとするPUNPEEですので、この生まれは意外に思われる方もいるかもしれませんね。PUNPEE自身も、本当はレペゼン巣鴨とネタにしています。小学4年生のときに文京区から板橋区へと引っ越しをします。この引っ越しを境に仲良くなったのが後にユニットPSGなどでも一緒になる実弟のS.L.A.C.K.です。引越し先でまだ友達もいない中、二人でよく遊んだようですよ。PUNPEEは両親、そしてS.L.A.C.K.との4人家族です。両親はとても音楽好きで山下達郎などを、幼い頃からPUNPEEによく聴かせていました。これが彼の音楽におけるバックボーンとなります。

中学生になると当時流行していたスラムダンクの影響から、バスケ部に入りますが、すぐに退部しています。PUNPEEが進学した地元の公立中学校は、板橋区のなかでも屈指のヤンキー校でした。そこはまさに弱肉強食の世界で、ひ弱なメガネ少年、それもバスケ部を退部したPUNPEEは否が応でも目をつけられます。ですが、彼はそんなとき、自分がたくさん持っていたゲームを貸すことでヤンキーから逃れたのでした。そのとき、ヤンキーが言っていたこいつはパンピー(ヤンキーじゃない一般人)だからが芸名の由来になります。

そして、このころ、PUNPEEは日本語ラップとも出会います。出会いは、S.L.A.C.K.と一緒にスケボーをしに公園に行ったときのことでした。そこでスケボーをしていた先輩が、SHAKKAZOMBIEの楽曲を流しており、はじめて日本語ラップを聴きます。また、同時代に洋HIPHOPの影響からターンテーブルを買い、DJのマネごとのようなこともしはじめています。なによりも特筆すべきなのは、PUNPEEの楽曲制作における世界観で大きな役割を果たすこととなるアメコミとの出会いもこの時期であるということです。

高校に進学したPUNPEEは、軽音楽部に入ります。しかし、オーディションの日に寝坊をしてしまい退部。しょうがないので彼は、S.L.A.C.K.と共に昔買ったターンテーブルを使ってHIPHOPをはじめます。サンプリング、音作りにラップと活動していたころ、HIPHOPを聴いている同級生がいるとして紹介されたのが、PSGでグループを組むことになるGAPPERです。高校を卒業後は大学に進学しますがすぐに中退。ビデオ屋でアルバイトをしながらひたすら映画とアメコミ、音楽に没頭する日々を過ごします。このころには、S.L.A.C.K.、GAPPERと共にはじめて音楽グループである板橋録音クラブを結成し、自然消滅しています。そんな日々を変えたいという思いからフリースタイルバトルをはじめ、2006年UMBの東京大会でKEN THE 390を倒して優勝を果たします。そして、翌年にはPUNPPE、S.L.A.C.K.、GAPPERの頭文字をとってラップグループPSGを結成するのです。

徐々にサンプリングの上手いトラックメイカーがいるとしてPUNPEEの名前は日本語ラップのシーンでも話題になりはじめます。2009年には、PSGとしてアルバム「David」をリリース。このアルバムがKREVAやZEEBRA、宇多丸といった現役ラッパーからブラスト誌といった専門誌にまで高い評価を持って受け入れられました。翌年には、タワーレコードでインストアイベントをおこない大成功、それからコンスタントに作品を発表しますが、どれも完売。2020年においてはプレミアがつくほどの商品価値になりました。名曲として名高いサニーデイ・サービスの曽我部恵一さんとのコラボ曲、サマーシンフォニーを発表したのもちょうどこの時期です。


ラッパーとしての成功とお嫁においで2015

natalie.muより出典

ラッパーとして大きな転機となるのは2014年です。この頃になると、PSGのファンであった世代がそれぞれのメディアや職場で影響力を持つようになり、PUNPEEもそういった理由によって起用されるようになります。まず、起用されたのはレッドブルのCMでのラップでした。さらには、人気テレビ番組「水曜日のダウンタウン」のOP、宇多田ヒカルさんの誕生日記念番組のDJにも起用されました。特に、宇多田ヒカルさんの誕生日記念番組の影響はすごく、その力量が宇多田ヒカルさん本人に認められ、2017年には光 -Ray Of Hope MIX-をリリース。日本のiTuneチャートで1位、全米では2位を獲得します。

PUNPEEの代表作、ブレイクするきっかけとして忘れてはいけないのは加山雄三さんの名曲をアレンジしたお嫁においで2015でしょう。もともと、新しいモノが好きな加山さんだからこそ実現できたコラボレーションで、PUNPEEは等身大の自分のダメさをラップして、それが日本語ラップのみならず邦楽のシーンでも高い評価を受けました。


PUNPEEのファッションと結婚事情

livewire.jpより出典

まず、PUNPEEがするファッションは基本的にB-BOYらしくはありません。愛用しているのはAdidasとLACOSTEでTシャツやポロシャツにジーパンというラフな格好が多いです。ラッパーらしい格好をするときもせいぜいジャージどまりです。

PUNPEEは結婚をしています。お相手は元AKB48で女優の秋元才加さんです。もともとPUNPEEを知らなかった秋元さんが知人に誘われライブを観戦。そこでPUNPEEに一目惚れをします。最初は彼女を避けていたPUNPEEですが、激しい猛アタックのすえに交際に発展。2020年には結婚にまで発展します。


PUNPEEの代表曲

Hero

メジャーデビューアルバムに収録されている一曲です。PUNPEEのお株であるアメコミ仕立てのリリックに、チルなラップが楽しめる作品です。

 

かみさま

PSGとしての楽曲です。神頼みはしないといいつつも結局は神頼みをしてしまう。そんな人間の節操の無さをラップしています。

 

お嫁においで2015

加山雄三さんとのコラボレーション楽曲です。等身大の自分のダメさ加減をラップしつつも、伝えるところは伝えるラブソングになっています。


今回は、人気ラッパーPUNPEEについて、その詳しい生い立ちから代表曲までを解説してきました。いかがだったでしょうか。

彼の音楽におけるバックグラウンドを少しでも理解してもらえたならば幸いです。この記事を読んで興味を持った方もそうではない方も、いま一度PUNPEEの楽曲を聴いてみてはどうでしょうか。

日本人ラッパーについてもっと知りたい方は「押さえておきたい日本人ラッパー20選【2020年最新版】」を参考にしてください。