GOT7 メンバー、ファッション、人気曲まで徹底解説!

2014年に韓国で結成されたGOT7ガットセブン갓세븐)は韓国人4人、アメリカ人1人、香港人1人、タイ人1人の7人で構成されたボーイズグループです。GOT7はライブパフォーマンスでマーシャルアーツのトリックやストリートダンスの要素をふんだんに取り入れることで注目をあつめています。

インターナショナルなボーイズグループGOT7のプロフィールやファッション、人気曲を紹介し、彼らの魅力に迫りたいと思います。

GOT7 メンバーのプロフィール

JB(ジェイビー)

tickled-pink.bizより出典

出生名 Im JaeBum(임재범/イム・ジェボム/林在範)
生年月日 1994年1月6日(27歳)
身長 179cm
体重 66kg
出身地 韓国 京畿道高陽市
ポジション リーダー、メインボーカル、リードダンサー

 

Mark(マーク)

noritter.comより出典

出生名 Mark YiEn Tuan(마크이엔투안/マーク・イエン・トゥアン/段宜恩
生年月日 1993年9月4日(27歳)
身長 175cm
体重 62kg
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ポジション リードラッパー、マーシャルアーツ

 

Jackson(ジャクソン)

vogue.co.jpより出典

出生名 Wang KaYee Jackson(왕잭슨/ワン・ガイ・ジャクソン/王嘉爾)
生年月日 1994年3月28日(26歳)
身長 174cm
体重 65kg
出身地 中国 香港特別行政区 九龍
ポジション メインラッパー、マーシャルアーツ

 

Jinyoung(ジニョン)

k0reanwatch.comより出典

出生名 Park JinYoung (박진영/パク・ジニョン/朴珍榮)
生年月日 1994年9月22日(26歳)
身長 178cm
体重 65kg
出身地 国 昌原市 鎮海区
ポジション サブボーカル

 

Youngjae(ヨンジェ)

kt.wowkorea.jpより出典

出生名 Choi YoungJae(최영재/チェ・ヨンジェ/崔榮宰
生年月日 1996年9月17日(24歳)
身長 177cm
体重 64kg
出身地 韓国 全羅南道木浦市
ポジション メインボーカル

 

BamBam(ベンベン)

daebak.tokyoより出典

出生名 Kunpimook Bhuwakul쿤피묵 부와쿨/クンピムック・ブワクル/กันต์พิมุกต์ ภูวกุล/君比莫克·貝溫古
生年月日 1997年5月2日(23歳)
身長 178cm
体重 56kg
出身地 タイ バンコク
ポジション サブラッパー

 

Yugyeom(ユギョム)

dews365.comより出典

出生名 Kim YuGyeom(김유겸/キム・ユギョム/金有謙)
生年月日 1997年11月17日(23歳)
身長 180cm
体重 68kg
出身地 韓国
ポジション メインダンサー、サブボーカル

GOT7結成までのストーリー

makestar.coより出典

2009年にソウルに本社を置く総合エンターテインメント会社、JYPエンターテインメントの第5期公開オーディションで、参加者1万人以上の参加者の中から、同じチームで見事1位を獲得したJBジニョンが事務所に入所、練習生になります。

JB

ジニョン

JBはブレイクダンスが得意でB-Boyを目指していたのですが、ブレイクダンスの大会で事務所の関係者にスカウトされ、オーディションに参加しました。歌手は目指してはいなかったため、歌のレッスンは入所後から行いました。 

ジニョンは子供時代から芸能人になってテレビに出たいという夢を持っていて、ダンスを習っていました。

2010年にマークベンベンが、それぞれアメリカとタイでスカウトを受けてJYPグローバルオーディションに合格します。

マーク

ベンベン

マークはロサンゼルス出身の台湾系アメリカ人で、幼少の頃はブラジルとパラグアイに住んでいたことがあります。オーディション当時は高校生で、その当時はK−POPのことを知らず、ダンスや歌の技能もなくアイドルになる考えはなかったのですが、友達や家族から良い機会だからとのすすめを受けてオーディションを受けました。JYPグローバルオーディションに合格して高校一年生で学校を中退、その後韓国に移住し、練習生になり、アクロバティックを1年、マーシャルアーツを2年学びました。そして歌やラップ、ダンスを学びステージに立ちはじめます。

ベンベンピ(RAIN)のファンである母に何度か彼のコンサートに連れて行ってもらううち、幼少時から韓国カルチャーに興味を持ち、自身も歌手になることを夢見ていました。そして、ピに影響を受け、10歳の頃からダンスと歌を習っていて、Blackpinkのリサと一緒にダンスクルーのWeZaaCooの一員でした。2007年に行われた、タイ国内のピのダンス・カバー大会で優勝、2010年のThailand LG Entertainmentの大会では2位になります。13歳でJYPグローバルオーディションに合格してからは韓国に移住し、研修生になりました。ベンベンのステージネームはアメリカのアニメ『The Flintstones』のキャラクターBamm-Bamm Rubleが由来になっています。

また、この年にユギョムも通っていたダンススクールのJYPオーディションで合格します。ジャクソンも2010年に香港で行われたグローバルオーディションに合格し、2011年に入所し、ソウルに引っ越します。

ユギョム

ジャクソン

ジャクソンの父はフェンシングの中国代表チームのメンバーで、アジア大会の金メダリストです。母は上海出身の器械体操選手でした。ちなみに、母方の祖父は中国本土の超音波診断医学の第一人者でした。

ジャクソンは父や他のプロのコーチの指導のもと、10歳でフェンシングを習い始めました。彼は香港のナショナルチームのメンバーとなり、いくつかの賞を取り、2011年のアジアジュニアおよびカデットフェンシング大会選手権で1位を獲得しました。学校は香港のアメリカンインターナショナルスクールに通っていました。彼が学校でバスケットボールをしていたとき、JYPエンターテインメントの代表者に注目され、その半年後のオーディションに招待されました。ジャクソンはフェンシングでスタンフォード大学から奨学金を提供されていましたが、それを断っての、JYPエンターテインメント入所でした。

2012年、JBとジニョン(当時はJr)は、韓国KBS2で放送されたテレビドラマ『ドリームハイ2』で歌手デビューする前にドラマデビューを果たしました。そして2人は5月にポップ・デュオ『JJ Project』を結成、シングル『Bounce』を発売し、デビューします。JJ Projectは2013年の韓国ドラマ『남자가 사랑할 때/When a Man Falls In Love』に出演します。

また、2013年にMnetで放送された韓国の芸能事務所、YGエンターテインメントのリアリティ・サバイバル番組『WIN-Who Is Next?』の、YG対JYPダンスバトル(第4話)にマークとジャクソン、ベンベン、ユギョムが参加し、その後4人はJBとジニョンとともにGOT7に参加することが決定しました。その後、入所わずか7ヶ月だったヨンジェが最後の7人目のメンバーとして選ばれました。ヨンジェは小さいころから歌手になることを夢見ていて、兄と一緒に歌っていました。兄が軍隊に入隊した後、ヨンジェはより専門的に学ぶために地元の木浦にある音楽アカデミーに通い、2011年木浦青年音楽祭で声楽優秀賞を受賞しました。そして、2013年にJYPオーディションはヨンジェの通っていたアカデミーで非公開オーディションを開催、ヨンジェは合格して研修生になりました。

ヨンジェ

2014年の1月1日、JYPエンターテインメントはGOT7のデビューを発表します。2PM以来、JYPエンターテインメントから6年ぶりの男性アイドルグループでした。


1stミニアルバム『Got it?』でデビュー。世界で活躍

miochannel.comより出典

2014年

1月20日、GOT7は1stミニアルバム『Got it?』でデビューします。同じ日にソウル市内でデビューショーケースも開催。このアルバムはBillboardのワールド・アルバム・チャートで首位を獲得し、Gaon Chartでは最高2位を記録します。

4月4日に、日本デビュー前に両国国技館でショーケース『1st Impact in Japan』を開催、6月には2ndミニアルバム『GOT♡』をリリースします。そして10月7日には初の日本ツアー『1st Japan Tour 2014”AROUND THE WORLD』を開始し、22日には1stシングル『AROUND THE WORLD』で日本デビューを果たし、オリコンウィークリーシングルランキングで3位を記録します。

2015年

6月には日本で2ndシングル『LOVETRAIN』をリリース。7月には3rdミニアルバム『Just Right』をリリースします。アルバムのタイトル曲『딱 좋아 (Just right)』は、Billboardのワールド・デジタル・ソングス・チャートで最高3位を記録、2週連続でトップ3位に留まるという快挙を果たしました。

また、9月23日には日本での3rdシングル『LAUGH LAUGH AUGH』をリリースし、9月23、24日付でオリコンデイリーシングルランキング1位を達成、発売初週で35,000枚を売り上げています。

2016年

2月3日に日本で1stフルアルバム『モリ↑ガッデヨ』をリリースしオリコンチャートで最高3位を記録します。

2月28日に2度目の日本ツアー『GOT7 Japan Tour 2016 ”モリ↑ガッデヨ”』を開催します。

3月31日、M COUNTDOWNの放送でデビュー後初の地上波音楽番組1位を獲得し、その後『FLY』で5冠を達成します。

4月9日、Billboard Artist Hot100の45位に2週連続でランクインし、これは、K-PopアーティストとしてPSY(88位)以来初のチャートインでした。

4月12日、リーダーのJBが作曲した『HOME RUN』をデジタルリリースし、3ヶ国の音源チャートで1位を獲得します。

4月29日、ソウル市で初の単独コンサート『フライ・ツアー』を開催、その後、中国、日本、タイ、シンガポール、アメリカを回りました。

9月27日、2ndフルアルバム『FLIGHT LOG : TURBULENCE』をリリース。国内で20万枚を売り上げ、Billboardのワールド・アルバムチャートで初登場1位を記録、アメリカで2,000枚を売り上げました。この年の年末、Billboardの年末ワールド・アルバムチャートで15位、年末ワールド・アーティストチャートでも6位にランクインしました。

2017年

1月14日、第31回ゴールデンディスク賞で、アルバム部門で本賞を受賞しました。

1月19日、第26回ソウル歌謡大賞でも、本賞を受賞

2月、財政的に恵まれない10代の若者を支援する目的で、GOT7の実物サイズの肖像画が飾られた寄付地「G+ Star Zone」が再オープンしました。

3月13日、6thミニアルバム「FLIGHT LOG : ARRIVAL」をリリースします。自己最高記録の合計売上23万枚を超えましたGaon、ハントのアルバムチャート、Billboardのワールド・アルバムチャートで首位を記録。 香港、インドネシアマレーシアフィリピン、タイ、ベトナムのiTunesチャートでは首位を獲得します。

5月24日、日本で4thシングル「MY SWAGGER」をリリース。オリコンチャートで最高3位を記録します。また、Billboard Japan Hot100で首位になります。

6月24日、単独初となる日本でのアリーナ公演、「MY SWAGGER」を開催します。

7月31日、5年ぶりとなるJJprojectを結成。デビュー曲以来初のミニアルバム「Verse 2」をリリース。 Billboardのワールド・アルバムチャート、Gaonチャートで2位を獲得。eatseekersアルバムチャートで韓国歌手として初めてTop10入りを果たしました。

9月、メンバーの1人、ジャクソンが日本での活動中断を発表します。公式で説明された理由は「スケジュールの調整とコンディショニングの管理が難しいため。」ということでした。

10月、日本ツアー「TURN UP」を開催。最終日は日本武道館で公演を行いました。

2018,2019年

6月にリリースした『THE New Era』がBillboard Japan Hot100でシングル2作連続1位を獲得します。

その後夏には世界17都市をまわるワールドツアーを大成功に収め、年末年始に日本武道館、神戸ワールド記念ホールで、『GOT7 ARENA SPECIAL 2018-2019”Road 2 U” 』を開催。それとともに日本での3rdミニアルバム『I WON’T LET YOU GO』を2019年1月30日に発売します。オリコン週間アルバムランキング1位、Billboard Japan Hot Alubums1位をはじめ、6冠を達成しました。

2019年4月にはリーダーのJBとユギョムによるユニット、Jus2のミニアルバムと日本公演も敢行、GOT7としても、史上最大規模のワールドツアーも始め精力的に活動。

7月31日には日本での4thミニアルバム『LOVE LOOP』 をリリースし、同時開催の『GOT7 Japan Tour 2019”Our Loop』も大盛況。

GOT7のこれからの活動にさらなる注目が集まっています。


GOT7のファッション

 

GOT7のメンバーで、一番私服がおしゃれだと言われているのが台湾系アメリカ人の、マークで、空港などでのファッションが注目されています。

joylifespace.comより出典

この時マークはKーPOPアイドル御用達ブランドBALENCIAGAのTシャツを着用しています。

tickled-pink.bizより出典

この時はDRKSHDW by Rick OwensのビックTと黒のスキニーを着用しています。黒のスキニーはお気に入りアイテムらしく、他でもたくさん着用している画像が見られます。

excite.co.jpより出典

また、ジャクソンもファッションアイコンとして注目されていて、フェンディ(FENDI)の中国ブランドアンバサダーをつとめています。フェンディとジャクソンのコラボレーションしたカプセルコレクションも発表され、2019年7月からフェンディ銀座店および公式オンラインストアで数量限定で販売されました。


GOT7の人気曲

Just Right

3rdミニアルバム『Just Right』のタイトル曲です。この曲はBillboardのワールド・デジタル・ソングス・チャートで最高3位を記録、2週連続でトップ3位に留まりました。ガーリーでカラフルなミュージックビデオは世界中の女子の心に響きました。

 

If You Do

4thミニアルバム『MAD』の収録曲です。メロディアスでスピード感あふれる楽曲とダンスで、7人の魅力がたっぷり伝わってくる一曲です。YouTubeの再生回数は1.8億回を超えています。

 

Never Ever

Gaon、ハントのアルバムチャート、Billboardのワールド・アルバムチャートで首位を記録、香港など6ヶ国のiTunesチャートでは首位を獲得した6thミニアルバム『FLIGHT LOG:Arrival』のリード曲です。トラップテイストを取り入れたかっこいい一曲です。


多国籍メンバー構成のボーイズグループ『GOT7』の、多彩な魅力についてお分かりいただけたでしょうか。

7人のこれからのワールドワイドな活躍に、ますます期待したいと思います。

韓国ヒップホップグループとラッパーについてもっと知りたい方は「おすすめの韓国ヒップホップグループ&ラッパー20選【2020年最新版】」を参考にしてください。