ラッパー百足の身長、ファッション、楽曲は?

00世代ナンバーワンラッパーとの呼び声高い百足。

『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』の第15回大会に初出場・初優勝を果たして日本全国にその名を知らしめ、今後の活躍が期待されるラッパーです。

この記事では、百足の身長、ファッション、楽曲といった疑問にお答えします。

また、ベストバウトとの呼び声高い韻マンとのバトルや百足の逮捕のウワサなどについて触れ、百足のラップスキルや人となりに迫っていきたいと思います!

 

百足のプロフィール

kai-you.netより出典

出生名 風間龍一(かざま りゅういち)
アーティスト名 百足
生年月日 2000年2月12日(21歳)
身長 180cm
出身地 東京都品川区

 

百足こと風間隆一は2000年2月12日、東京都品川区に生まれました。

ごくごく普通の子供時代を送ったようで、小学生の頃はカードゲームなどで遊んでいたそうです。3歳の頃から水泳を習い、中学生の頃には全国中学校競技大会に出場した経験があります。しかしその後スランプに入ったとのことで、水泳はやめてしまったそうです。兄弟は姉と妹がいて、祖母も同居しており、百足以外は全員女性、という家庭環境で育ったようです。

中2ぐらいの時にパンクロック好きの母親に、Hi-STANDARDを聴かされ、Green Dayやメロコアにはまります。その影響でバンドをやろうと思ったのですが、周囲の同世代はSEKAI NO OWARIやRADWIMPSを聴いていて、メロコア好きはいなかったため、バンドは諦めた、と百足はインタビューで語っています。

その後、1人じゃ怖いから、と言う友達に誘われて『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』のオーディションに参加したのが、百足がラップを始めるきっかけとなりました。その後の百足はヒップホップに夢中になります。ヤンキーでもなかったし、悪いことをするのが好き、とかでもなかった百足は、ラップ好きを増やしたくて、休み時間にいろんな教室に行って友達にラップしよう、と誘っては断られて自分の教室に戻る、というような高校生活を送っていました。

もともと、一個夢中になると他ができなくなるタイプだった百足は、サイファーばかりに行くようになり、高校中退を決意します。ちなみに、百足のMCネームは、地元武蔵小山のサイファーのクルーでは、虫の名前を漢字にしているMCネームのラッパーばかりだったところから影響を受けているそうです。「ムカデって気持ち悪いじゃないですか。一回聞いたらみんな覚えるかなと思って。あと、漢字で百に足、って簡単だな、って、そんな理由です。」と、インタビューで答えています。

MCバトル好きの仲間と、路上やカラオケボックスの中でサイファーを繰り返していた百足がその頃好きだったラッパーは、AKLOだったと語っています。また、SALU、WILYWANKAの変態紳士クラブ、BAD HOPも聴いていたそうです。

『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』のオーディションには第11回くらいから参加していたのですが、第15回の時に初出場し、優勝を果たします。出場資格としては最終年度の試合で、強豪揃いと言われていた00世代の中で「百足は最強」との呼び声が既にあるなか、プレッシャーを跳ねのけるかたちでの見事な優勝でした。

musicvoice.jpより出典

百足は優勝を勝ち取った決勝戦について「(決勝の相手の藤Koosの)1バース目を聞いたら不調だなって。そこをバンバンついていければ優勝かなって。2バース目くらいからは優勝だって確信して、余裕を持って戦えたのがよかった。」と、振り返って語っています。

百足は同年開催された第16回の『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』にも参加しましたが、残念ながらS-kaineに延長戦の末敗退しました。百足は今後はバトルよりも音源作りに集中する方針で活動していくようです。2019年5月にはデビュー・シングル『FREEDOM』を発表、YouTubeでは100万回の再生を超え、若手のデビューとしては異例のヒットとなりました。ライブも精力的に行っていて、全国を飛び回っています。


韻マン vs 百足

第15回『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』のベストバウトとして、現在でも名勝負として語り継がれているのが延長まで持ち込まれた準決勝の韻マンvs百足でした。百足自身もこの大会で一番印象に残っている対戦相手として韻マンを挙げています。この準決勝の戦いを少し、解説していきます。

1戦目

韻マンが先攻。

「お前が00の大黒柱? 虚言癖like aカルロス・カイザー」と、しょっぱなからライムしまくる韻マンに対し、「おまえが悪夢の雨 降らしてる間に フリースタイル再現 みんな1つレクチャー 帰る時にこいつの踏んだ韻覚えてないぜ」と百足が煽ります。

しかし、「憶えてないぜ ウォーリーを探せ もしくは極真空手 喉元毒入れるコモドオオトカゲ 客も覚えてるよ ほんのちょっとだけ。」と、韻マンは余裕を見せます。

それに対し、「ちょっとだけなら わかってない俺ラッパー Buds詰まってるパケの中 崩す化けの皮 ライムだけの馬鹿」と、百足は鮮やかなパンチライン を叩き込みます。しかしこの戦いでは決着がつきませんでした。

2戦目

百足が先攻。

ビートはJP THE WAVYの『Neo Gal Wo』。ビートが流れると同時に「見たことないじゃ〜ん」と百足はビート曲をサンプリングし、会場を沸かせます。

ゆっくり目のビートにトラップ乗りしつつ「雑魚なら聞く気がない?Ai お前が相手なら遠慮はない Ai最高到達フリースタイルハイ 俺血が出るくらいにRedなEye!」と飛ばす百足。

「俺の韻にぐうの音もでない 俺の韻は解説出来無い」と、韻を踏みつつ審査員の漢a.k.a.GAMIをも牽制する余裕を見せる韻マンに対し、「だからOK ぐうの音を出す 太めのBudsのプロフェッショナル」と百足も応戦。

韻マンも音抜けではめたり、安定した語感での韻踏みを見せて最高のパフォーマンスを見せていましたが、フロウ やパフォーマンスで上回った百足に軍配が上がりました。

 

「(韻マンは韻を踏みまくるスタイルのため)あんなにバンバン韻を踏まれたら何て返せばいいんだろうってなりますし。もう乗り方で勝つしかないなって思って。さすがに韻踏むやつトラップ乗りできないだろうと思って余裕だったんですけど、戦ってみたら、韻踏みながら乗るんかいっ!みたいな(笑)。もうギリギリで勝ちました」と、百足は韻マン戦を振り返って語っています。


百足が逮捕??

ファンの間で百足が逮捕された、という噂が流れていたことがあるようです。

恐らく噂の発端は、第13回の『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』に対する百足の「13回に関しては、(オーディションに)受かっていたのに諸事情で出られなくなった。」という発言なのではないかと思われます。そして、次の第14回大会でも、00世代最強と言われつつもまたもオーディションには落ちてしまい、「逮捕歴のある百足をテレビカメラの入る番組に出すことに躊躇したのではないか?」という憶測で、逮捕の噂が広まったようです。

しかし、逮捕の事実を証明する物はどこにもなく、百足の逮捕説はあくまで噂の域を出ないようです。


百足のファッション

ototoy.jpより出典

news.livedoor.comより出典

百足は自身でも「ファッションもおしゃれなニューヤンキー」というバースを披露するくらい、おしゃれにはこだわっているようです。百足のファッションはいわゆるギャング風ではなく、細めのパンツにモノトーンといったシンプルコーデが多いようです。A BATHING APEDISCOVEREDStarterReebokなどのブランドのアイテムを着用していることが多いようです。

また、そのファッションセンスを生かし、アパレルブランド『BIONIC MILL Collection』のプロデュースも行っています。


百足の代表曲

FREEDOM

2019年に配信でリリースされた百足のデビューシングルです。ロックかつトラップで、ハウスっぽくもある、キャッチーな1曲です。かつて好きだった、メロコアっぽい明るい曲にしたかった、と百足自身も語っています。ジャケットもメロコアバンドのレコードジャケットを思わせるデザインです。

 

SCREAM feat. LEM

2019年に発表された1st EPの収録曲で、第15回『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』にも出場していたLEMをフューチャリングした1曲です。ハウスっぽいダンサブルなトラックが軽快!繰り返し聴きたくなる1曲です。

 

まわりみち

1st EPの発表から約1年後にリリースされたFull Album『19』からのリード曲です。「エントリー代2千円を握りしめて 今日は勝たなきゃって必死こいたガキのさ 8小節込めた想い今も忘れてない」と、百足が栄光を掴んだ当時の想いが素直にリリックに乗せられています。百足らしい爽やかかつ、熱い!1曲です。


いかがでしたでしょうか?

これからの時代を牽引する世代の代表、百足の素顔が垣間見えてきたのではないかと思います。

これからの百足の活躍が、楽しみですね!

高校生ラップ選手権についてもっと知りたい方は「高校生ラップ選手権の歴代優勝者たち【第1回〜第16回】」を参考にしてください。